さすがに誘われたら行くほかないので、しょうがなく飲み会に参加したのだけど、ぼくの知らないネタで一方的に酔っぱらいが盛り上がってるなかで一人だけ黙々とウーロン茶を啜っていて何のために誘われたのかもわからないし何のために参加したのかもわからなかった。

おかげで、普段なら20時には家について風呂入ってシンセを弄っているような時間に解放されてまだ電車のなかです。

もういや